London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 17日

燃えるノートPC

この記事は大変興味深い。というか、身につまされる。海外在住でもあり、海外出張がある仕事をしているので、ノートPCは飛行機に乗るときの必需品。もし、PCの持ち込みが禁止されたら。。。ううむ。想像できない。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0608/17/news021.html

この記事にあるような事故が実際に飛行中の機内で起こらないこと、さらにそれが大事故につながらないよう祈るしかないかも。ようは純正品のバッテリーを買えばよいようにも思えるが、先日のDELLノートの火災は純正品らしいし(ソニー製)。

ちなみに、個人的にはDELLのノートもソニー製品もあまり積極的に使いたくない。DELLのノートは以前、日本で仕事していたときに仕事先で購入して使ってみたが、安定性、使いやすさ、重さなどほぼ全てにおいてダメっぷりを見事なまでに遺憾なく発揮し、誰からも使われずに引き出しの奥でお休みいただいた経験がある。

ソニーに関しては、ソニータイマーが怖いのと、PCに関しては無駄があまりに多いVAIOのコンセプトが疑問なこと。あと、ソニータイマーが発動したときのVAIOの処理の難しさも経験済みだし。ま、バッテリーだけだったらまだ許せるかも知れないが。。。

ThinkPadはその点とっても楽だし信頼もできる。といっても、先日クラッシュしたX40はいまだにそのまま。1.8インチのHDDをドイツ語圏スイスのPCパーツ屋でオンラインで購入したものの、いまだに製品が届かない。遅すぎ。注文画面によれば、現在、In Bearbeitungだとか。Altavistaによれば、このドイツ語の英訳はIn treatment。どうゆうこと?処理中という意味か?よくわからんが、このIn Bearbeitungになって早3日。どうなっているのか。はあ。

ま、PCなんて消耗品なので、あまり気にしないのだが、愛用のThinkPadもそれなりに壊れてるなあ。HDDのクラッシュはThinkPadでは今回初めてだけど、液晶が壊れたことが2度、マザーボードがいかれたことが一度、あとは。。。もう1,2度クラッシュしているような気がするけど思い出せない。10年ちょっとで4~5回は多いのか?ううむ。でも、総体的に見るとThinkPadの使い勝手の良さは、Lenovoに吸収された今日でも健在。
[PR]

by kototora | 2006-08-17 20:24 | work


<< carry-on luggage      スキャナ購入 >>