London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 27日

1年で博士号?

へええ。1年でPhDかあ。

しかし、peer review journalへの論文投稿はどうするんだろう。1年で執筆して受理されるのか?あるいは入学以前の論文もカウントされるとか??そもそも、1年以内で終わるPhDレベルの研究ってそんなにあるのか疑問。よくわかんないなあ。

あと、これっていわゆる論文博士とは違うのか?うーむ。ちょっと興味深いがよくわかんないし、学位乱発と捉えられる恐れもあり。ま、分野が違うようなので縁遠い話なんですが。

そうそう、毎日のように来るスパムメールに学位を買いませんかというのがあるが、これとは。。。違うと思いたい。

****** 以下Asahi.comより
1年で博士号 社会人向けプログラム導入 筑波大
2006年06月23日11時05分

 筑波大は07年度から、大学院修士レベルの研究実績や能力のある社会人を対象に、通常なら取得までに3年かかる博士号を1年で取らせる「早期修了プログラム」を全国で初めて導入する。大学のある筑波研究学園都市(茨城県つくば市)で働く研究者が主なターゲットだという。

 研究の達成度を知識や解決力、学術的成果など8項目について学生が自己評価し、教授がそれを基に評価する。1年で取得する博士号の社会的評価を担保するための外部評価委員会も設置する。

 同プログラムを導入するのは数理物質科学(7専攻)、システム情報工学(5専攻)、ビジネス科学(1専攻)の3研究科。専門分野で修士号を持つか、同等の実績のある研究者が対象で、定員は専攻ごとに1人~数人を見込んでいる。

 文部科学省大学振興課は「特に優秀な学生が博士号を1年で取ることはあるが、大学が外部から見える形で、組織的に早期取得を応援する例は初めて」という。

 同大によると、学園都市の研究者の中には研究の基礎データは持っているが、大学院に通う時間がなくて博士号を取得できない人が多いという。
[PR]

by kototora | 2006-06-27 13:57


<< フランスが勝った!!      少し前進 >>