London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 22日

WHO Director General has died

b0020299_21383529.jpg

ご冥福をお祈り致します

Dr LEE Jong-wook, Director-General of the World Health Organization, has
died. Dr Lee had been in hospital since Saturday afternoon, where he underwent surgery to remove a blood clot on his brain. He remained in intensive care. At 07.43 this morning, he was declared dead.
b0020299_21413346.jpg

Dr. Jong-wook LEE

***** CNN.co.jpより

ジュネーブ(AP) 世界保健機関(WHO)の李鍾郁事務局長が22日午前、死亡した。61歳だった。20日午後、執務中に脳血栓で倒れ、ジュネーブ市内の病院で緊急手術を受けていた。

同日始まったWHOの年次総会で、議長のサルガド・スペイン保健相は「大変悲しい知らせだ。李氏は非常に優れた人物であり、並外れの事務局長だった」と述べた。

李氏はWHOに23年間勤め、03年に事務局長に就任。最近は鳥インフルエンザ対策に力を注いでいた。
b0020299_2152451.jpg

WHO staff members observe a minute of silence after the announcement of WHO Director General Lee Jong-wook's death during the opening of the 59th World Health Assembly in Geneva, Switzerland, May 22, 2006.
b0020299_21431364.jpg

Dr. Anders Nordstrom, Acting DG


※写真は全てYahoo USAより
[PR]

by kototora | 2006-05-22 16:44 | miscellaneous


<< ストーンズのキース、悪夢の休暇...      受動喫煙フェチ? >>