2006年 05月 02日

Marks & Spencerオープン

英国人の誇り?のスーパー、Marks & Spencerがジュネーブにオープンしました。ということで早速行ってみました。場所は、旧市街のコンフェデラシオンセンターの隣。超一等地に地下一階、地上二階の店構えでした。写真はその入り口。
b0020299_4184444.jpg

出稼ぎ英国人?の多いジュネーブですから、英語FM放送のWorld Radio Genevaでは先週末からこの話題で持ちきり。まわりの英国人の方々も行かなきゃと大騒ぎしていたそうです。

で、実際にお店に入った感想は。。。1フロアあたりの面積は結構狭く、あれ、こんなもの?と言った感じ。正直、かなーり拍子抜けでした。とはいえ、土曜の早朝9時半の開店直後に行ったのですが、英国人らしき人たちで大にぎわいでした。

Marks & Spencer(M&S)といえば、私もロンドン在住時にずいぶんお世話になったスーパー。一般的には下着が有名らしいのですが、私にとってはなんといっても食料品。最近もロンドンに行くたびにM&Sで超美味しいオレンジジュースやレモネードを買い込むのが楽しみです。あと、サンドイッチも美味ですよね。Bootsのサンドイッチも捨てがたいのですが。

このM&Sのジュネーブ支店にFood Hallもできるのかと大変大変期待したのですが、残念ながら衣料品コーナーのみでした。なんでも、通関などの手続きや生鮮食品のロジスティックが難しく、もともとはFood Hallも計画されていたらしいのですが、途中で断念したとか。あぁ残念。

そうそう、このM&Sから徒歩5分程度、川を挟んだ反対側にあるスターバックスのジュネーブ一号店にも初めて行ってみました。川沿い(正確には道路を挟んでいるので川沿いではない)のテラスも禁煙の店内もなかなか良い感じ。英語が通じるのも良い感じです。さすがスタバ、全世界共通の規格ですね。相変わらず高くてマズいコーヒーが出されるあたりも、残念ながら全世界共通。。。あはは。
[PR]

by kototora | 2006-05-02 04:22 | life in Geneva


<< Montreux Jazz F...      Bon Joviチケット売ります >>