2006年 04月 19日

バスク食べまくり旅行3 - 2日目 Eugénie les BainsからSan Sebastiánへ

旅行初日の飽食もさめやらぬ翌日の朝、Michel Guérardの朝食を食べることにしました。といっても。我々の宿泊したLa Maision Roseでの朝食ですから、本家Michel Guérardの豪華ホテルの朝食とは違うのかもしれませんが、ともかくいろんな方の日記を読むと、パンはまあ美味しいもののパンとコーヒーだけで3000円は高いというご意見が多い様子。ま、社会勉強だと、その3000円(18Euro)の朝食を頼みました。

で、La Maision Roseのダイニングに行ってみて、良い意味で期待を裏切られました。パンとコーヒーだけではなく、美味しいジュースにハムとチーズ、卵にヨーグルトが用意されており、さらに前日のエステサロンで妻達が飲んだという痩せ茶と温泉水までが置いてありました。下の写真は朝食の一部。
b0020299_23472948.jpg

ということで、図らずも豪華な食事になりました。

さらに、何気なく一口かじったクロワッサンがなんと美味しかったことか。おそらく私のこれまでの生涯でベストのクロワッサンだったかも(大げさではなく)。ふんわりとした外側としっとりとした内部。絶妙のバターと塩味。百点満点で150点ぐらいあげたいクロワッサンでした。私にとっては、文句なしでMichel Guérardでいただいた料理の中ではベストでした。ちなみに、写真にも写っているチョコパンも美味でしたが、フランスらしくチョコが濃すぎでちょいいまいち。La Maision Roseではクロワッサンを食すべし。

実は、頼みもしないのにテーブルに大量に持ってきていただいたクロワッサンがいっぱい残ってしまったので、3つほど持ち帰りました。その後の長旅を経て数日も車中に放置されたクロワッサンを今朝食べましたが、なんとこの美味しさが再現され、改めて感動しました。あぁ、また食べたいなあ。

美味しい朝食を堪能した後、チェックアウトをしようとLa Maision Roseのレセプションのあたりでうろうろしていたら、なんとチェックアウトは豪華ホテルLes Prés d'Eugénieでしかできないとのこと。ということで、美味しい朝食をエンジョイした上に、ぶらぶら歩いてチェックアウトに向かったりしてすっかり出発が遅くなりました。

ともかく、スペインに向けて出発しました。

この日の移動は200km程度と少な目。途中ミシュラン二つ星レストランAkelareでバスク料理のランチを堪能する予定でだったのですが、直行するには多少時間があったしもったいないので、どこか寄ってからランチにしようと言う話になりました。実は、事前に私の元同僚のバスク人にお勧めの場所やドライブルート、レストランなどを聞いており、さらに同行したYさんの同僚にもバスク人がいて、その人からもおすすめ情報あり。

とりあえずこれら情報を総合すると、St-Jean-de-Luzという街から延びる海岸沿いの道が綺麗らしいので、St-Jean-de-Luzという街を目指しました。ちなみに、Luzという名前は、我が家に来てもらっているフィリピン人のお手伝いさんの名前。これはもう、行くしかないでしょ。St-Jean-de-Luzへ向かう途中の道はどこまでも延びる一本道が多く、写真のように綺麗な並木も。
b0020299_0121041.jpg

St-Jean-de-Luzの街にはいると、南仏のリゾートのような素敵な家が並んでおり、とっても良い感じ。勘を頼りに海岸近くに到着すると、天気も良かったので人と車で大混雑。なんとか駐車場を見つけて車を停め、海岸に出てみました。
b0020299_0135499.jpg

写真のように広くて素晴らしい砂浜が広がっていました。海も綺麗だし、景色も最高。あと2ヶ月もすると海水浴客でごった返すんだろうな~と思いつつ、海岸をしばしお散歩。気持ちよかった。

ちょうどお昼前にさしかかり、海辺のテラスでは美味しそうなブランチを食べている人たち多数。でも、ぐっとこらえてレストランに向かうことにしました。予約は13時でちょうど1時間でつける距離のはず。

St-Jean-de-Luzからの海岸線は実に綺麗でした。それなりにワインディングロードでしたが、緑の丘と海に向かう断崖、さらにその先の綺麗な海。おすすめのドライブコースです。この日は天気はよかったものの波が荒く、断崖にうち寄せる波が、海面から数m上にある車道まではみ出す場面もしばしば。で、気付かぬうちに国境を抜けてフランスからスペインに入り、高速に戻りました。

スペインの高速は初体験でしたが、まあフランスと一緒。ただし、このバスクのルートは山の中を走る道で、高速の割には曲がりくねっていてけっこう運転が難しい感じ。それを130km平均で皆さんぶっ飛ばしていました。この高速を走っている最中にレストランの予約時間の13時を回ってしまったので、レストランに遅れる旨連絡しました。このレストランはなんと前日にreconfirmの電話を入れろと言ってきたところなので、遅れたらキャンセル扱いにされるかもしれないし。

いよいよレストランのあるSan Sebastián(サン・セバスチャン)近くになり、事前に調べてあった高速の出口を探していたのですが、間違って数個手前の出口で出てしまいました。これがSan Sebastiánの街のど真ん中にでる高速出口で、訳も分からずSan Sebastiánの海岸までの渋滞に突入してしまいました。ちなみに、San Sebastiánの海岸沿いはこんな感じ。
b0020299_0581629.jpg

San Sebastiánはかなり大きな街で、整備されて綺麗なところでした。本当はレストランの食事の後にちらっと寄ろうと思っていましたが、この街はちらっと寄るというよりも、数泊滞在すべき場所かも。おいしいレストランも山盛りあるらしいし。で、なんとかSan Sebastiánの渋滞を抜けて海岸沿いの山道をしばらく走ると、ようやくレストランAkelareに到着しました。

続きは次回~
[PR]

by kototora | 2006-04-19 01:03 | gourmet & travel


<< バスク食べまくり旅行4 - 2...      バスク食べまくり旅行2 - 1... >>