London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 04日

飛行機関連のトラブル再び、その1 - JAL大丈夫ですか?

先日の帰国時のKLMのトラブルはお伝えしましたが、実はこれ以外にも飛行機関連の大きなトラブルに二度も!遭遇しました。ということで、今回はそのうちのJALのケアレスミス2連発について。

クリスマス後に家族でロンドンに行ったのですが、JALのマイレージを使って英国航空(BA)のチケットを予約していました。ただし、一度旅行の日程を変更したので、JALのマイレージバンクに電話をして変更していました。で、空港にちょっと早めに行ってチェックインをしようとしていたら、カウンターのお姉さんから「発券できない」と言われました。なんでも、座席上は日程変更の指示が入っていたのですが、e-ticket上では古い日程のまま。明らかに予約の手配・変更を行ったJALのちょんぼです。

ということで、BAのチケットセールスカウンターに移動して事情を説明して、e-ticket上の情報を変更してもらうようお願いしました。で、担当の方がJALに電話したりして確認しつつ手続きを始めたようですが、明らかに様子がおかしい。入力しては眉をひそめて入力のし直しを何度もしている。早めに空港に着いたにもかかわらず、搭乗時間が迫っておりこちらはいらいらし始め、とうとうどうしたのかと聞いてみたら、どうやら予約の名前が間違っているとのこと。で、何度も直そうとしているのだができないらしい。これも明らかにJALのケアレスミス。はあ。。。

そうこうしているうちに、とうとう搭乗時間となってしまい半ばあきらめかけていたら、それまで頑張っていた担当者から、名前の変更はここでは無理だけど、名前が異なっているとの情報をチケット上に記載するので大丈夫であろう、これ以上この件に時間を割くことは出来ない、と解放?されてしまいました。

しょうがないので大急ぎでチェックイン・カウンターに逆戻りし、チェックインの手続きに再トライ。同じお姉さんが再度発券を試みましたが、明らかに暗い表情をして電話をしたり上司らしき人と相談し始めました。ほぼ絶望と諦めかけ、新たに航空券を購入することを検討し始めたら、笑顔で戻ってきて発券できましたとのこと。なんで発券できたのかはよく分かりませんでしたが、とにかくダッシュでパスポート・コントロールを抜けて飛行機に駆け込み、なんとか出発することが出来ました。

昨年からJALの様々なトラブルが報道されていますが、今回の我々のトラブルもJALマイレージバンク(あるいは予約センター)の単純ミス二連発。本当に勘弁して欲しい。以前はJALをよく使っていたのですが、今後はほとんど使わないだろうなあ。。。信頼がた落ちです。一消費者の声が届くのかどうか分かりませんが、きっちり反省して欲しい。

ちなみに、ロンドンに着いてからロンドンのJALオフィスに電話をして強く苦言を呈したら、いちおうそのときはすぐに対応してきたのですが、時すでに遅し。安心して利用できる環境を回復して欲しい。
[PR]

by kototora | 2006-01-04 07:03 | gourmet & travel


<< 飛行機関連のトラブル再び、その...      I'm back th... >>