London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 05日

徒歩通勤のススメ

今日の神戸地方は冷たい風が吹き荒れており、非常に寒い朝でした。マンションを一歩でると、思わず引き返したくなるような寒さと歩くのが困難なぐらいの強風でしたが、仕事なので引き返すわけにも行かず、歩き始めました。しかも、実は真冬の洋服はジュネーブから持ってきていないため秋冬用のやや厚手のコートしかないばかりか、手袋、マフラーなど防寒グッズはもちろん?なし。寒い寒い。

コートの前をきっちり閉じて襟を立てても、冷たい向かい風が予想以上に強くてつらく、とりあえずありったけの防寒対策をして、といってもあとはポケットに両手を突っ込むぐらいしかなかったのですが、いつもの徒歩通勤スタート。ほんのちょっと歩いただけで、耳や鼻など外に出ている部分が一瞬できんきんに冷えたばかりではなく、コートの内側の体も冷え切った感触。ようは体中が冷えちゃったみたいです。で、マンションから最寄りの駅近辺で、今日は電車通勤にするべきかちょっと悩んだのですが、健康のためと思って歩くことにしました。

しかし、本当に健康のためになるんだろうか。11月中旬から徒歩通勤を始めたのですが、ほぼ同時に引いた風邪が未だに残っており、ごんごんぐしゅぐしゅ。同僚からもいまだに風邪引いているんですかと呆れられる始末。情けない。しかも幹線道路を歩くため、排気ガスをたんまり吸い込んでいます。ううう。

では、こんな状況なのになぜ「徒歩通勤のススメ」なのかというと、理由は二つ。

最大の理由は、片道30分歩きながら頭の整理が可能なこと。オフィスで仕事をしたり、家で残務やら雑務をしていると、頭のなかのいろんな引き出しを開けっぱなしにしてぐちゃぐちゃにしている感じ。なんだか常にばたばたしているので、こんな状態の頭のなかを整理する暇があまりないのが現状です。で、いろいろ考えながら歩いていると、ぐちゃぐちゃに開けっ放しだった頭のなかの引き出しが片づくことが多い。そうすると、新たなアイディアが湧いてきたり、忘れそうになっていたことなどを思い出すことがある。これは貴重だしうれしいですね。ううむ、もしや老化現象の始まりか?いやそうじゃないと思いたい。うん。

二番目の理由は、音楽と風景を楽しむことができること。多少危ないとは思いますが、iPod Shuffleを聞きながら歩いています。30分あると、けっこう聞けますね。しかも、電車のなかと違って、大音量で聞いても他人の迷惑にはならないのも良いし、電車よりも圧倒的に雑音が少ない。最近はポリーニのピアノソロ(ベートーベンとかショパン)を大音量で聞きながら歩くのが好み。もちろん、時折ロックもいいですね。こちらの最近の好みは、Black Eyed Peasかなあ。あとは、殺風景な幹線道路とはいえ、あたりの風景は日々変わっているので、それを見ながら歩くのも楽しい。

ということで、今度ジュネーブから防寒グッズを持って帰ろう。さすがにこの格好では寒い。
[PR]

by kototora | 2005-12-05 12:50 | life in Japan


<< 六甲に初雪      アクセス御礼 >>