London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 17日

Banana Republic

先日、六本木ヒルズの横をタクシーで通ったら、Banana Republicのお店がオープンしていました。早速入ってみたのですが、なかなかの品揃え。アメリカに比べるとやや高いかなあ。でも、それほどでもなく、日本でも高級版GAPって感じですね。

で、ちょっとだけ買い物をしたのですが、なんか時間がやたらにかかるお店でした。買いたいものを店員さんに渡すと、奥の支払いカウンターに持っていき、そこで支払い担当者に手渡し。で、担当者にお金を払うと、彼女が(あるいは彼が)包装のためにカウンターの裏におもむろに消える。暇なのでカウンターの正面にあるソファで待つことしばし、包装の終わった担当者が袋に入った商品を運んでくるという仕組みでした。

なんかバカ丁寧すぎません?アメリカのバナリパみたいに、レジの横でささっと畳んでささっと紙に包んで、ぐいっと袋に入れるだけのほうがずっとずっと早いし、バナリパっぽい。超高級ブランドじゃないんだから、そんな気取ってもって思ったりしました。

はあ。今日(20日)は一日会議。なんでも大きなテーマが良いと思っているおじさん達に一矢を報いようと思ったのですが、失敗しました。あああ。自己嫌悪。でも、何でわかんないかなあ。できない計画してもしょうがないじゃん。
[PR]

by kototora | 2005-10-17 12:43 | life in Japan


<< Charlie and the...      胡同四合坊・恵比寿楼とRockets >>