2004年 09月 23日

国際機関日本人職員考 - 語学能力

私と妻が勤めている某国際機関には、我々以外に数十人の日本人職員の方が勤務しています。これら日本人職員の方々は皆さん大変優秀なのでいつも感心させられることばかりなんですが、いっぽうで個性的なヒトが多く、我々のわずか数年の勤務で経験した数々のエピソードで本数冊書けちゃう感じです。ということで、ここでも少しずつご紹介したいと思います。あ、かなり毒を含んでいますので、どなたか特定できないように気をつけますね。

今日は語学能力について。国際機関には母国語および英語に加えてさらに何ヶ国語か出来る人がごろごろいます。私は日本語と英語はまあまあできますが仏語ビギナーなので、会議の途中に仏語になったりするとかなり困ります。さらにスペイン語なんかも飛び交ったりしていますので、頑張らねば。。。

ところで、皆さんのまわりの海外在住あるいは海外留学した日本人の方で、

「英語(仏語など他の言語でもOK)中心の生活だから日本語が下手になっちゃってー」
日本語よりも英語が先に出るんだよねー」
「仕事は全部英語だから、もう日本語では仕事できないのよねー」

なーんて言う人いませんか?特に帰国子女ではなく、成人してから海外に出た人(含国際公務員)から何度もこの台詞を聞いたことがあります。これって自慢しているつもりなんですかね?たぶんそうです。この台詞を悲しそうに言っている人を見たことありません。

でも、ちょっと待ってください。□を日本語(母国語)能力、■を外国語能力とすると、この人たちは

赴任、留学前:□□□□□■
   ↓
赴任、留学後:□□□■■■ 

こういうことが言いたいんですよね。「■」の外国語能力が「□」の日本語能力にとって変わったと。ね。ね。ここを自慢したいんですよね、たぶん。でも、考えてみてください。

赴任、留学前:□□□□□■
    ↓
赴任、留学後:□□□□□■■■■

このように、日本語能力に加えて外国語能力が高い(伸びた)っていうのが本当に優れた人じゃないですかね!これに対して、上のパターンの人たちは自分の語学能力には限界があってこれ以上は伸びませんと言っているってことに気づいていないんじゃないかと思います。

私は、日本語がきっちりできたうえで外国語が出来る人になりたいと思います。。。頑張らねば!

ついでに言うと、私は留学経験者にありがちな口癖「Oops!」「Ouch!」「Sh*t!」などを日本で(あるいは日本人同士の会話で)連発する人はけっこう嫌いです。そんなに英語が得意なら、口癖だけじゃなくて政治でも哲学でも論じてよって思いませんか?私はそう思います。

b0020299_19472712.jpg最後に我が家に数日宿泊した仏語ぺらぺらの日本人女性の逸話。我が家のネコtoffee(出産前だったので当時は一匹のみでした)がおフランス生まれだと分かった瞬間からその後ずっと、ネコを見るたびにネコに向かって
「Bonjour Toffee, Ça va?」
。。。な、な、なんですとぉーー? さ、さばぁ??。。。相手はネコですよ?アンコを見ると狂喜乱舞し鰹節をこよなく愛する純和風に育ったただの雑種ネコですよ??腰砕けそうになりました。写真はそんなことに全く動じず無視して寝るtoffee。つまんない挨拶よりトロとアンコが食べたいんだにゃー
[PR]

by kototora | 2004-09-23 19:57 | work


<< blog雑感      生ワインの季節になりました! >>