London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 01日

寿司 in 神戸

昨日のランチは某国際会議のために神戸にいらした我が組織本部の大先輩と同僚たちと寿司。この大先輩、どうやら寿司マニアの方ですので、神戸に着くやいなや美味しいお寿司屋さんをスタッフに聞いた模様。で、私も同伴させていただくことになりました。昨日訪問したのは三宮トアロード近くの「O」(実名は控えさせていただきます)という高級寿司屋。

高級なだけあってネタはかなりgood。でも、以前やはり神戸で訪問したもう少しやすいお寿司屋さんもそうだったのですが、刺身としてはまあまあかもしれないのですが、寿司としては。。。ちょいだめかも。マイナスポイントは二つ。

1)ネタが大きすぎてしゃりとのバランスが悪い。こういった寿司って、なんだか雑な仕事って印象になっちゃうんですよね。本当は丁寧に作っていただいているのかもしれないのですが。もったいない。
2)しゃりが柔らかすぎ、味付けが悪すぎ。特に昨日のお店は寿司を持ち上げられないほどしゃりが柔らかく、食べにくいことこの上なし。

ここまでは前回の安寿司屋とほぼ同じだったのですが、今回の高級寿司屋さんはこれらに加えて、白身にかなりたっぷりの大根おろしを載せるという暴挙にでた結果、白身の味が全く分からなかったのは大きなマイナス点でした。もうちと考えてほしい。ああ、もったいない。

とはいえ、ちょうど旬の蒸し穴子、とっても美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

ちなみに、お好みでおなかいっぱいになるまで握っていただいて、一人だいたい7000円程度でした。一部大先輩にご援助いただきましたが、安月給の見習い職員にはかなーり高いっす。やはり高級店でした。自腹で再訪するかというと。。。しないかも。
[PR]

by kototora | 2005-07-01 09:23 | life in Japan


<< 出発準備      Thinkpad X40 >>