2004年 09月 16日

ジュネーブでの育児

私Tには二人の子供がいます。子供たちは両方とも娘で、上の娘Aは小学校高学年、下の娘Hはまだ3歳です。我が家は共働きなので(妻Mも同じ機関で働いている国際公務員です)、下の娘Hは全日制(?と言うんでしょうか、朝から夕方まで)の保育園に通わせています。

Hの通う保育園は昔の大地主のお屋敷を改装したとっても立派なところなのですが、私立ではなくジュネーブ市の公的保育園です。外観はまるで古いお城のようですが中はきっちりと最新式の設備を備えていますし、木々の生い茂る広大なお庭には子供たちの遊ぶ声がいつも響いています。しかも、お庭の一角では菜園を持っていて、子供たちのランチには自家製の野菜が料理されて出るそうです。先生方もとてもしっかりしていて完璧な教育内容。日本の保育園も知っている我々には、まあ夢のような環境です。しかも、私と妻の職場からも近く、送り迎えも楽。言うことなしと言いたいのですが。。。

保育費が、高い!だって公立でしょ?市からの補助もたんまりあるんでしょ??うちは二人とも下っ端国際公務員で見習いも同然なのに。。。

しかも、ただ高いなら覚悟はできてます。だって昨年もその前もその高い保育費を頑張って払ってきたのですから。でもでもでもでも、なんでこの9月から40%もアップするんですかああああ???? 今朝会った園長先生が妙ににこやかだったのは気のせいかなあ。そういえば、高そうなアルファロメオとか乗っていらっしゃるしなあ。。。

いずれにせよ、ジュネーブでの育児はお金がいくらあっても足りません。
[PR]

by kototora | 2004-09-16 16:56 | children


<< 面接試験を受けました      衝撃的な二つの話 >>