2005年 02月 12日

貧しい食生活

一時帰国して約1週間が経ちました。相変わらず仕事も生活も慣れない。どちらも良くも悪くも日本を感じます。ううむ。ま、いいんですが。

入居したアパートはしょぼいキッチンがついているので、料理はできなくはない。でも、なんだか料理をしたくなる心境ではないのが現状です。ちなみに、私は一人でご飯を外で食べるのは大嫌い。なんだか寂しいし居心地がすごく悪い。なんとかできるのがお茶するぐらいですね。ということで、これまでの数日は同僚の方にお誘いいただいた外食2回以外はそこら辺でお持ち帰りのものを買って自宅で食べています。

この生活パターン、なんだか米国・カリフォルニアに単身赴任していたときのことを思い出します。当時は同僚の豪華アパートでルームシェアしていたのですが、豪華アパートだけあってバス・トイレは私の部屋についており、キッチンと洗濯機だけシェア。でも、なんだか料理する気が起きず、ずーっとtake away(米国風に言うとto go)に頼っていました。アパート近くの中華屋さんと職場(某大学)近くの妙にwoodyなモールにあるお弁当屋さん(和食)にはお世話になりました。

現在、そのアメリカ在住時のときとほぼ同じ心境。やはり短期間の仮住まいだからなのかなあ。とはいえ、体をこわしてもいけないので、必要な栄養分は摂るようにしていますのでご安心を。あと、スイス生活と比較すると夢のようなtake awayの豊富さ。改めてびっくりです。和洋中全てがどこでもtake away可能。ちょっと高いし味はすぐに飽きると思うのですが、この充実ぶりはすばらしい。2、3軒ジュネーブに持って帰りたい。

さて、スイスの自宅とはskypeを使ってコミュニケーションを始めました。お互いにオンラインになっていないと通話できませんので(双方のPCがオンになってネットにつながっている必要あり)、多少面倒ですがまあたいしたものではない。それよりも音質・使い勝手とも最高です。妻は以前ご紹介したハンドセット、私はヘッドセットを使っていますが、音の遅れもないし音質もクリア。これが完全に無料とはありがたい時代になったものです。長距離電話が多くブロードバンド環境同士の方、超おすすめです。

あと、意外にエンジョイしているのがスイスのラジオのインターネット放送。いつも自宅で聴いていたWorld Radio Geneva (WRGFM)がインターネットでライブで聴けるので、時々聴いています。音楽の合間にBBCとジュネーブローカルニュースが入るので、程良い感じ。ジュネーブの天気とか交通情報とか分かってなんだかちょっと嬉しい。

さて、すでに次の一時帰国?(スイスに)についてすでに調査開始。安いチケットだと6万円台からあることを発見。うわー、安いなあ。でも、その前に仕事しないと。かなり遅れ気味。この週末はアパートに籠もって仕事。あ、でも食料品の買い出し(@ダイエー!)は行かないと。。。うう、頑張ります。
[PR]

by kototora | 2005-02-12 09:34 | life in Japan


<< 体調低下      ロケーションフリーTV >>