London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 27日

衛星アンテナがばったり

昨晩は相変わらずのすごい強風。某国際機関(私の勤務しているところではない)では、総務が「強風のため窓のシャッターを閉めて寝るべし」という連絡をしてきたとか。半信半疑で我が家も閉めて寝ました。で、朝起きてシャッターを開けてみてびっくり。先日設置した衛星放送のパラボラアンテナが台ごとばったり倒れていました。もうちょっとずれていたら窓直撃。逆だったら下に落下。あぶないあぶない。アドバイスは素直に聞くべきなんですね。

そうそう、引越の顛末の最後(当日の午後)がまだでしたね。ちょっと仕事もろもろで時間がなさそうなので、以下に箇条書きします。

・遅いランチを移動しながらかぶりついて家に戻ってみたら、搬入はほぼ終了。電化製品の設置を始めていましたが、天井からつるす電気の部品がないとのことで、部品を買ってきてくれと言われました。しかもMigros指定。しょうがないので車で10分ほどのモール内にあるmigrosに行って買ってきた。

・帰ってきたらさらに別の部品が必要と言われて、同じ店に逆戻り。使いっ走り?

・いろいろ買ってきたのに、天井の電気は電動ドリルがないので出来ないと言われ、翌日に。

・もともと雨がぱらついていたのですが、使いっ走りをしているときに突如集中豪雨に。台風のような横殴り、大粒の雨、雨、雨。あと雷。しかも落雷でジュネーブ市内一円が停電。帰ってきたらそこら中真っ暗。玄関はなぜか開いていたので入れたが、当然エレベータは使えず階段ホールは真っ暗。手探りで部屋に戻って、懐中電灯を頼りに作業。30分ほどで電気復旧したものの、すごい体験でした。

・衛星アンテナの設置もやると言われたのですが、どう見ても不必要なパーツを無理矢理付けようとして不安定(これが原因で強風で倒壊?した)。しかも、肝心のアンテナの向きを合わせる作業は自分でやってくれと言われた。なにそれ。

・翌日電気の設置に来たものの、手間が悪くて2時間以上かかり、仕事を抜けてきた妻と私はいらいら。ま、なんとか設置完了。でもちょっとかっこ悪い。まあしょうがないか。衛星はいまだ観れず。

ま、800CHFだしねえ。しょうがないかも。そうそう、あとピアノの台をトラックから降ろすのを忘れたらしく、段ボールを取りに来るときに持ってきてくれる約束なのですが、まだ届いていません。さすがホームレス引越屋、いろいろやってくれました。
[PR]

by kototora | 2005-01-27 14:21 | life in Geneva


<< ジュネーブ大寒波情報      meeting, meetin... >>