2005年 01月 07日

再契約できず退職。。。(涙)

昨日はかなりショッキングなニュースが。私が一緒に仕事をしている大変優秀な同僚(P5レベル)が、再契約あるいは契約の延長が認められず来週いっぱいで退職されるそうです。国際機関はどこも契約社会。日本のように終身雇用の職員はごくごく一握りで、短い人は数ヶ月から長くても数年の契約で雇用されています。

彼女の場合ちょうど契約の切れ目が今月で、再契約の交渉をしたところ、所属部署から残念ながら再契約あるいは延長はできない、と言われたそうです。また、同じ部署の別の同僚も同様に再契約なしを言い渡されたという噂も聞きました。お二人とも元大学教授だったり、本を出したりと大変大変優秀な方々。

さらに、もう一人。途上国援助の経験が豊富で学位もすばらしい(PhDとシカゴのMBAとあと別のマスターも持っている)同僚の契約がやはりヤバイという話を聞きました。そんな人たちでもクビになる国際機関。ここでの勤務の厳しさを改めて感じました。

そういえば、私が今でもちょっと一緒に仕事をしている超有名なハーバードの教授。以前は我が組織に勤務されていましたが、トップの交代であっさりクビに。彼のジュネーブでの最後の日々を目の当たりにして、悲しくて切なかったのを思い出しました。それまでは日当たりの良い大きな部屋で世界を相手に数百人の部下を使って様々な活動を精力的にしていた彼なのに、いきなり暗い小さな部屋に引っ越しさせられて残務整理。それでもリサーチの相談に訪問してきた我々を暖かく迎えてくれ、極めて普通に接してくれたのを思い出します。いくら人事関連にドライな海外とはいえ、私の同僚達もかなりショックを受けていました。

ふう。人ごとじゃないですね。私も不安定な契約(しかもけっこう短期契約)なので、いつクビになっても不思議じゃない。頑張らねば。Anyway, good luck in your future and job hunting, Elena!!!

そんなショッキングなニュースも聞きつつ、日常は流れていきます。気を取り直して引越準備のご報告。昨日はお昼休みにジュネーブ郊外の電気屋さんに、我が家の新居の三種の神器?の、冷蔵庫、皿洗い機、電気調理器&オーブンを買いにいきました。ちょうどバーゲンシーズンなので、何度か行ったことのある電気屋もバーゲンだと思いきや、普通と変わらずかなりがっくり。でも、普段からけっこう安い店だし時間もないし、ざざっと機能と値段、さらにサイズをみてfeasibleなものを選んで、ちょっとくねくねしてキモイ店員さんに注文をしました。締めて2100CHF。あぁ、お金が飛んでいく~

さて、今日は早朝と夕方、引越の見積もり2件。3100CHFより安いことを祈ります。なお、引越は18日にほぼ決定。そういえば18日はジュネーブの日本政府代表部のパーティにご招待されています。いつも有り難うございます。毎年美味しいお寿司やお雑煮が食べられるので楽しみなイベントの一つなんですが、今年はぼろぼろの状態での参加になりそう。
[PR]

by kototora | 2005-01-07 10:39 | work


<< なんてこったい      ギター侍? >>