London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 29日

ヴァイス・プレジデント

今日の飲み会で、今回の一時帰国で二人目?のヴァイス・プレジデントに会いました。一人目は、一昨日お会いした3カ月のお子さんのお父様。実際にはその奥様とお会いしただけですが、ご主人は某外資系証券会社のヴァイス・プレジデント。今日お会いしたのは別の某外資系証券会社の女性のヴァイス・プレジデント。どちらも日本人、30代後半とお若い方々。ご本人達(&奥様)は誰でもなれるのよーと謙遜していらっしゃいましたが、ほぼ同い年で未だに見習いの私。うーむ。

私も実は昔は証券業界にちょっといたこともあり、良く知った会社名が刷られた名刺をいただくとちょっとどきどき。ま、私は性に合わなくてドロップアウトしましたので、もはや全く縁のない世界ですけど、見習いとヴァイス・プレジデント。かくも違うのかと少しばかりショック。ま、これから頑張れば少しは取り戻せる。。。のかな?頑張らないと。

また、今日お邪魔した妻の幼なじみの一番町の超超超・高級マンション。こちらのお宅は数年ぶり、私は二度目の訪問だったのですが、毎回訪問するたびにため息ばかり。リビングは40畳以上かなあ。玄関だけで白金の我が家のリビングぐらいあるかも。部屋数は。。。多すぎて不明。ジュネーブのアパートも豪華なところが多いのですが、その比ではない空間。しかも、ぎらぎらしてお金のにおいがぷんぷんするようなところではなく、調度品や家具は落ち着いた素敵なものばかり。本当に居心地の良いすてきなお部屋でした。

なお、そのお宅のご主人(知人のお父様)は最近新しいご著書をだされたばかりで、たまたま大きな新聞広告を拝見した話をしたところ、喜んでいただいたようでサイン入りご著書を頂戴し、とっても美味しいオーメドックの赤ワインまでおご馳走になりました。ご著書は私の専門とは全く違う内容ですが、大変興味深いテーマですので、心して読みたいと思います。有り難うございました。

こちらのマンションを出て雪の上がった一番町を歩きながら、引退したらあんなマンションに住んで優雅な生活したいねと妻と話していましたが、我々にはかなり縁遠い話かも。やっぱり国際機関勤めって公務員みたいなものですから、民間セクターのお金持ちには太刀打ちできません。ヴァイス・プレジデントなんて役職にも一生かかってもなれそうにないし。ま、お金や肩書きだけが人生じゃありませんし、好きなことをするのが一番ですから私はこれで良いと思っているのですが、いろいろと考えさせられる日でした。

さて、明日はもう少し我々の生活レベルに近い知人達との食事がまた2件。ちなみに飽食ツアーは本日の温泉旅館でほぼ終了。明日はどちらも行ったことはありませんが、ネットで見た感じでは庶民的なアジア料理(ランチ)とイタリアン(夜)です。
[PR]

by kototora | 2004-12-29 22:23 | life in Japan


<< 歯が痛い in Tokyo      熱海「石庭」 >>