London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 29日

熱海「石庭」

雪ですね。ジュネーブでも滅多にないほどの大雪。いまから外出なんですが、ちょっと憂鬱。とはいえ、知人・友人達との約束2件が控えていますので、頑張ります。

昨晩は熱海「石庭」に一泊ステイしました。高級旅館でした。部屋はすごく広いし、料理もまあ美味しい。お風呂もなかなか立派。でも、部屋に行くにも大浴場に行くにも飛び石をぐいぐいわたって坂を上り下りして移動しなくてはならず、バリアフリーの考え方から180度以上?遠いところにある宿でした。我が家は子連れなので移動がけっこう大変でした。もうちょっと考えて欲しいなあ。ま、これが良いと思っている人もいるのかもしれませんけどね。

あと、特に温泉フリークではない私には、周りが完全に囲まれた露天風呂だったのが、ちょいいまいちでした。以前行った伊豆のとある温泉の部屋に付いていた小さな露天風呂で、お風呂からふと外を見ると目の前の田圃のあぜ道を自転車で買い物帰りのおばちゃんが見えたりして最低だったのを思い出しました。やっぱり露天風呂だったら自然の中が良いかも。ちなみにこの温泉の湯は透明。なんか普通のお湯との違いがいまいち分からないほどさらさらの温泉でした。なお、部屋についていた檜風呂はなかなか快適でした。

そうそう、料理は夕ご飯、朝ご飯ともいわゆる旅館の食事。次々と豪華な料理が運ばれてきましたが、残念ながら記憶に残る料理ではない。ま、こういった温泉宿ではいつものことですね。全体としてはレベルはそれなりに高いんですけど、けっこう普通。もう一ひねりして欲しいと思いました。ちなみに一番美味しかったのは、朝食のあじの開きだったかなあ。

あと、サービスは。。。いまいち。とっても丁寧で気もつかってくれるのですが、なんとなく居心地が良くありませんでした。なんでだろ?理由不明。でも、再訪したくなる宿ではありませんでした。ま、いろいろ思うところはあるにせよ、久々の日本の温泉宿、堪能しました。下の娘はおそらく初温泉でしたし、浴衣もほとんど初。エンジョイしていました。

東京に帰る電車でふと外を見ると雪。びっくり。坂の多い小日向ですから、今日これからのお出かけが大変そう。ちなみに、妻の実家の前の坂は、通称「老人殺しの坂」。あ、これは我が家だけの通称かもしれませんが。急坂なので大変です。
[PR]

by kototora | 2004-12-29 14:17 | life in Japan


<< ヴァイス・プレジデント      飽食の日々 - B級?グルメ >>