2004年 12月 15日

Petit Bateau

一時帰国直前ということで、お土産やら頼まれた密輸品?やらの購入をしています。昨日頼まれたのが、ベビー服ブランドPetit Bateauの下着。いつもいくスーパーChampionにあるやつだし、まあ買うのは簡単。しかし、でもなんでそんなもんが欲しいんだろうと不思議に思って、ぐぐってみたらびっくり。

ベビー用下着が一枚3000円!?

ミルクやらゲロやらですぐにどろどろになる下着ですよ?赤ちゃんなんてどんどん大きくなるので、すぐにサイズが合わなくなるんですよ?

ううむ。よく分からん。たしかにこちらでもPetit Bateauはちょい高めですが、それでも下着が一枚500~1000円程度だったと思います。だって、庶民の行くスーパーChampionで売っているぐらいですから。それが、日本だとなぜか高級ブランドとして扱われているようですね。。。

もしや輸入業者丸儲け?

以前、こちらだと普通のミネラルウォーターContrexの300mlぐらいの小さなボトルが、代官山のスーパーでなんと500円で売られていてびっくりしましたが、なんか間違ってる。絶対間違っていますよね。いや、私が職業の選択を間違ったのかもしれない。商社に行くべきだったかも。いまから自分で始めるのも良いかもなあ。ううううむ(←けっこうまじめ)。

なお、私はブランド子供服が嫌いです。あの醜悪なMikihouseやサンリオはもちろんのこと(デザイン、色調ともセンスも品位も感じられないので大嫌い。お好きな方及び関係者の方ごめんなさい)、バーバリーやポロなどの高級ブランドの子供服も嫌い。子供には、活動的で脱ぎ着しやすく、かつ洗濯しやすい服が一番。また、すぐにサイズが合わなくなるので、必要以上にお金をかける必要なんて全くないと思います。もちろん、たまのハレの日のために数枚良い服は必要ですし、そういった目的で良い服を買うのは良いと思いますが、親のエゴで普段から必要以上に子供をごてごて飾り立てるのは大嫌いです。もっと言うと、その子供にそのブランド洋服が本当に似合っているのか?と問い質したくようなケースもちらほら。ばかげた話です。

とはいえ、親しい知人からのリクエストですから、本日は珍しく平日にChampionに買い物に行ってPetit Bateauの下着を買う予定。ちなみにこの知人、「千と千尋の神隠し」のカオナシにちょっと似ていると思うんですが、「すみませんが、黒い布かぶって、あー、あーってつぶやいてくださいよぉ」なんて言えない。絶対に言えない。怖いよお。

またせっかくChampionに行くのなら、スイスのチョコのはずなのに、なぜかフランスでしか売っていないLindt(リンツ)のLes Pyrénéensシリーズもお土産に買いたいし。あ、このLes Pyrénéensシリーズ。超美味です。中がとろとろ。お試しあれ。個人的にはホワイトチョコのが好きです。
[PR]

by kototora | 2004-12-15 11:27 | children


<< Petit Bateau その2      休暇前のもう一山 >>