London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 27日

カエル3皿目 - 『Chez Blanc』(フランス・Bourg-en-Bresse)

なんだか忙しくてブログの更新が滞っています。書くネタはいっぱいあるのですが、なかなか更新するだけの時間がありません。忙しいと言っても、ちょっと努力すればなんとかなる程度。最近ちょっと仕事面が停滞気味ですので、言い訳言い訳。ま、無理のない範囲内で頑張ります。

ということで大変遅くなりましたが、先週日曜はせっかく遠路はるばる訪ねたのに盛り上がりに欠けたボーヌ・ワイン祭りだったので、せめて美味しいランチでも食べて帰ろうと、車に戻ってから急遽レストラン探しとなりました。こんなこともあろうかと車にはミシュラン赤本を積んでいたのですが、意外なことに今回はミシュランのお世話にはなりませんでした。というのが、9月にリヨンのレストラン『Le Splendid』に行ったときにもらったミシュラン三つ星レストラン『Georges Blanc(ジョルジュ・ブラン)』のチェーン店一覧のカードがたまたま車の中にあったので、その中からこれまで行ったことのないBourg-en-Bresseの『Chez Blanc』を予約しました。

George Blancチェーンは我々も昨年夏に行ったVonnasという村にあるミシュラン三つ星レストラン『Georges Blanc』を筆頭に、リヨンのLe Splendidなど全部で5件のレストランをブルゴーニュ地方に展開しています。ちなみに、Georges Blancはブレス鶏のクリーム煮でミシュラン三つ星になったといわれているそうです。

『Chez Blanc』は、ブレス鶏の故郷のBourg-en-Bresseにあるレストランですので、言わずもがなブレス鶏料理に期待が高まります。なお、ボーヌからBourg-en-Bresseまでは車で1時間弱、ちょうどジュネーブへの帰り道だったので場所も極めて好都合。ということで、行き当たりばったりでランチを食べることになりました。

b0020299_5101972.jpgさて、かなり迷ってようやくたどり着いたChez BlancはHotel de Franceというホテルのメインダイニングでもあり、かなり大きくて立派なレストランでした。早速メニューを見てみると、やはりブレス鶏は当然ながら、我々がこよなく愛するカエルのソテーがここにも!しかも30Euroのセットメニューでカエルとブレス鶏の両方が楽しめることが分かり、私と妻は問答無用でセットメニューにしました(ちなみにカエルを頼むと8Euroプラス)。

b0020299_5232073.jpg久々に食べたカエルは。。。最高でした。写真はそのカエルのソテーです。これで、Georges Blancチェーンで三皿目のカエル。一皿目は本家Georges Blanc。二皿目はリヨンのLe Splendid。我が家ではもはや定番ですね。メインのブレス鶏は相変わらず大変美味。このコースはチーズ(あるいはフロマージュ・ブロン)とデザートも付いているので、非常にお得感あり。すごくお勧めです。ちなみに、ワインは一番安いマコンの白とボジョレーの赤。ハーフよりちょっと多くてそれぞれ4Euro(笑)。安すぎ。それでも異様に美味しかった。Georges Blancチェーンはどこもワインのセレクションがとても良く、安いハウスワインですら実に美味しい。ブルゴーニュにお越しの際には是非是非。ボーヌの失敗を補って余りある素晴らしいランチとなりました。やはり、フランスのグルメは奥が深いと認識させられました。

なお、あくまで我々の感想ですが、Georges Blancチェーンでは何も本家の三つ星に行く必要はないと思います。星無しですが系列のLe SplendidもChez Blancも本家の1/3から1/4の値段でほぼ同じ味を、もっとカジュアルに楽しむことが出来ます。こちらのほうがお勧めです。また行きたいなあ。あ、次回はマコンの別の店でも良いかも。目指せGeorges Blanc全系列店制覇?
[PR]

by kototora | 2004-11-27 05:50 | gourmet & travel


<< グルメ三昧?の国連バザー      父親現る >>