2004年 11月 25日

父親現る

昨晩、我が家の母猫トフィが急に窓辺に走りより、ニャーニャー言いだしたので見に行ってみると、窓の外に立派な黒猫がいました。かなり大型で立派な尻尾、黄色(金色?)の目を持っている実にきれいな美猫。おそらく間違いありません。我が家の子猫たちの父猫、トフィのお相手です。

黒猫は窓越しですが我々が見ているのに逃げようともせず、トフィに向かってニャニャニャニャ鳴いており、トフィもそれに答えてニャニャニャニャ言っていました。まさに互いに何かを語っている様子。窓を開けて出してあげたかったのですが、まだ避妊していないので残念ながらそのまま見守っていたら、しばらくして黒猫は立ち去ってしまいました。トフィはその後を追いたそうでうろうろ。。。実に切なかったですね。ごめんねトフィ。

我が家の子猫たちにはあの父猫(と思われる美猫)の面影がいっぱい。トラ(茶トラ、オス)の立派な体格と長い尻尾。コト(キジトラ、メス)ともらわれていったオドゥユミの黒色。トラとコトの黄色い目。

切なかったけどなんだかちょっと嬉しかった夜でした。

追記:だめもとで写真を撮ってみたのですが、ちょっと加工すると意外に良く見えました。ま、ただの黒い塊でしかないという噂もありますが。。。いずれにせよrinkomatsuさん、お待ちかねの?写真ですよ!
b0020299_21116.jpg

[PR]

by kototora | 2004-11-25 18:10 | cats


<< カエル3皿目 - 『Chez ...      盛り上がりに欠けた?ボーヌワイン祭り >>