London研究日誌

kototora.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 24日

盛り上がりに欠けた?ボーヌワイン祭り

先週日曜はボーヌのワイン祭り(LES TROIS GLORIEUSES、栄光の三日間)に行って来ました。すごい人出なので朝8時ぐらいからいくべし、というサイトを見ましたが、あまりにハードなので朝8時半にジュネーブ出発となりました。あいにくの雨模様。途中のジュラの山の中はすでに雪景色で綺麗でした。

10時半すぎ、ちょうど250km走ってボーヌに到着しました。そんなに有名なお祭りだったら高速の出口あたりからすごい車かと思っていたら、普段と全く変わらず。ボーヌの街に向かう道も車はあまりいない。あれれと思っていたら、旧市街に入る道は全て閉鎖され旧市街の周りの道には普段は見ない路上駐車の車が多数。お祭りらしい雰囲気でちょっと安心してボーヌの博物館の横の公共駐車場に駐車しました。

b0020299_1459057.jpgで、町中に入ってみると。。。あれ?普段とあまり変わりません。たしかに多少人が多いものの、人でごった返すお祭りを想像していた我々はかなり拍子抜けでした。とりあえずホスピス(施療院)に向かうと途中の広場に屋台が広がり、真ん中で鼓笛隊が出て何か寸劇の最中でした。

ホスピスに到着してみると、日曜の午後開催されるワインのオークションの準備はされているものの、人通りは普段とあまり変わらず。しょうがないのでInformationに行って聞いてみたら、ワインの試飲などができるのは普段からお金を払って試飲のできるカーヴとのこと。でも、入場するだけで20~30Euroも取られるので却下。冷たい霧雨の中とぼとぼと歩いてそこらの屋台を覗くも、あまりこれといったことはない。結局いつも行くワイン屋でワインちょろっと買って終わりとなりました。

結局オークションに行かなければダメなのか、それとも別の場所で盛り上がっているのか、いまいちよく分かりませんでした。ただし、日本人だけはやたらと目に付きましたねえ。おそらくフランスか我々のように近隣諸国に在住している人が多いと思いますが、あちこちで日本語が聞こえました。日本人おそるべし、ですね。

ということで、このままでは遠路はるばる来た意味がないので、車の中で急遽お昼ご飯の場所を探して電話しまくり。美味しいランチを味わいました。そのお話は次回に。
[PR]

by kototora | 2004-11-24 15:38 | gourmet & travel


<< 父親現る      婚約おめでとう >>